新譜予定

  • とも
  • 2019/09/06 (Fri) 15:43:29

Re: 新譜予定

  • すみこ
  • 2019/09/11 (Wed) 11:42:38
とも様、いつも貴重なお知らせを、ありがとうございます!
インバルと共演したことも、ショパンの協奏曲第2番も、本当に珍しい、素敵な音源ですね。
いずれ全曲が出る・・・待ち遠しい!です~。

新たな日程が一つ判りました。2月、バーリでのリサイタルです。

Working with Pollini

  • すみこ
  • 2019/08/23 (Fri) 00:54:04
ドイツ・グラモフォンのサイトに、長年ポリーニの録音を手掛けているプロデューサーのChris Alderさんの文が載っています。あるファンの方からお知らせいただきました(ありがとうございました!)。
ポリーニの誠実な作品への向かい方、真剣な録音への取り組み方、そして周囲のスタッフの熱意ある仕事への取り組みも、よく判る文章です。(家のマークにもUrl.入れます)

https://www.deutschegrammophon.com/gb/album/pollini-complete-edition/working-with-pollini.html


ザルツブルク音楽祭、18日のポリーニ・リサイタルは無事終了しました。写真が掲載されています。

https://www.salzburgerfestspiele.at/p/solistenkonzert-pollini


先日、どのようにして情報を集めているのか、とのご質問をいただきました。お返事を考えていましたが・・・遅くなりました。
私としては、インターネットで、欧米のホールや音楽祭、音楽事務所のサイトなどを見て、また検索して、関連する記事を見つけたりしています。以前は音楽雑誌のみが情報源で、新しい情報はほぼ得られなかったので、隔世の感があります。インターネットあればこそ、です。
でも、それ以上に多くのファンの方から、情報をいただいています。欧米にお住まいの方(日本の方も、欧米の方も)、公演を聴かれた方、録音や録画の情報に詳しい方。多くの方々のご協力により、新しい情報、貴重な話題を知ることができます。感謝の気持ちでいっぱいです。
そして、皆さまにこの場をお訪ねいただくことで、また新たな気持ちでサイトを運営していこうと思えます。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

Re: Working with Pollini

  • つよし
  • 2019/09/05 (Thu) 21:55:09
すみこ様。(なんとなく恥ずかしい質問をしてしまったように感じ、途中で削除してしまい失礼いたしました。)今まで私は、「情報」に関しては、「とりにいく」すみこ様の姿しか思い浮かばず、「集まってくる」という姿を(情けなくも)意識していませんでした。なお、文章がへたでうまく伝えられないのですが、「集まってくる」大きな理由は、すみこ様はきっと喜ぶ、ほほえむ、大切に扱うという安心感だと思います。
 また、私がこのサイトを長年頻繁に訪れる理由のひとつが、「単なる情報」収集ではなく「情報をもとにしたポリーニへの愛情」を共感できるから、ということを改めて認識しました。サイレントファンではありますが、引き続き応援してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

夏の音楽祭

  • すみこ
  • 2019/09/02 (Mon) 10:36:41
マエストロのマルティニー、ザルツブルク音楽祭の公演は成功裡に行われました。聴きにいらした方々から“素晴らしかった!”とのご感想をメールでいただきました。
今日9月2日はストレーザ音楽祭、8日はルツェルン音楽祭に出演です。

来年2月24日、ミラノ、スカラ座でリサイタルが行われます。スケジュール表に追記しました。

暑中お見舞い申し上げます。

  • すみこ
  • 2019/08/06 (Tue) 01:20:07
猛暑の夏、皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。

hiramasa様、貴重な音源をお知らせいただき、ありがとうございました!
少年ポリーニの屈託のない笑顔、そして、その演奏・・・! やはり、栴檀は双葉より芳し、ですね。
まだ全部は聴けていませんが、協奏曲以外にも指揮を行っていたようで、興味を惹かれます。この辺り、映像もあれば良いのに~と、つい思ってしまいますね。


さて、ドイツのJanさんから、面白い(?)お知らせをいただきました。

DGから、11月8日、来年の生誕250年を記念して、ベートーヴェンの殆ど全作品を網羅したBOXが発売されます。CD118枚、BD3枚、DVD2枚からなり、180時間の演奏時間、Decca他10社の音源も入り、250人のレジェンド演奏家の貴重な演奏を集めたものだそうです。定価は239.99ユーロ。

そのBOXセットを予約した人に、ポリーニの特別コンサートのチケット2枚が贈られるそうなのです。

演奏会は9月27日、ミュンヘン(ヘラクレスザール)にて。曲目はベートーヴェンの後期3曲(30~32番)。そしてこれはclosed concertで、招待客しか入れない、とのこと。

Janさんが音楽事務所に問い合わせたところ、DGによる、DVD作成のプロジェクトだそうです。
6月に、この3曲の録音は無事に行われたそうですが、さらにDVDも作られるとは! これは、楽しみなニュースですね。

BOXセットの申し込みは、次のページから↓ 9月15日までに、どうぞ。

https://store.deutschegrammophon.com/p51-i0028948377367/various/beethoven-die-neue-gesamtedition-limitierte-auflage-/index.html?onChangeLanguage=1&language_id=EN

但し、この時期はオクトーバー・フェストで、ホテルは満杯、だそうです(Janさん言)。

Re: 暑中お見舞い申し上げます。

  • hiramasa
  • 2019/08/08 (Thu) 10:01:47
ベートーベンのピアノソナタ第30~32番が既に録音され、また、これらの曲を演奏するポリーニの映像を収めたDVDも作成される予定との情報をいただき、ありがとうございます。
もう四十数年前に、これらの曲を含む後期ソナタ群の、衝撃的な演奏を世に問い、その後長年月をかけて全集を完成させたポリーニが、今なお、これらの曲にどのように向き合い、その世界を描き出しているのか、大変興味深いところです。
また、ソロ演奏の映像は、ポリーニが若き18歳の時のショパンの演奏がEMIから出ているのみですので、今や老境にありながら、なお、プロのピアニストとして孤高の道を歩み続けるポリーニの演奏ぶりに接することができるなら、大変ありがたいことです。

少年時のポリーニの演奏が聴けます

  • hiramasa
  • 2019/08/02 (Fri) 18:16:59
管理人様、ポリーニファンの皆様、暑中お見舞い申し上げます。
さて、すでにご存知かとは思いますが、YOU TUBEに、下記のとおり、ポリーニの少年時の演奏が(もちろん音のみですが)投稿されています。大変興味深い演奏で、有難い投稿です。

①ショパン:練習曲集作品10
②クラマー:練習曲

①は、14歳ころの、②は13歳ころの演奏で、天才少年ピアニストの一端がうかがえます。

そのほか、ポリーニの下記の演奏も(いずれも音のみですが)投稿されており、ポリーニファンにとってはとても嬉しいことです。

③ベートーベン:ピアノ協奏曲第1番
④同     :レオノーレ序曲第3番
⑤シューベルト:交響曲第4番

③は80年の弾き振りで、④は76年の、⑤は80年のいずれも指揮するポリーニです。

① https://youtu.be/FSilcTeXJ10

② https://youtu.be/fI1byeCUiPQ

③ https://youtu.be/20YXB8Dgy-s

④ https://youtu.be/Qvdd4khCNME

⑤ https://youtu.be/nBjMpQueuuQ

プログラム変更

  • すみこ
  • 2019/07/26 (Fri) 19:55:50
夏の音楽祭シーズンが始まりました。ポリーニは各地でリサイタルを4回行う予定ですが、そのプログラムが変更になりました。
ベートーヴェンのソナタが、「ハンマークラヴィーア」からソナタ31番、32番の2曲へと変わりました。

また、ウィーンのリサイタルのアンコールが、ショパン「バラード第1番」と判りましたので、スケジュール表に追記しました。

モーツァルトの協奏曲

  • すみこ
  • 2019/06/05 (Wed) 22:53:49
今日6月5日は、ラヴェンナ音楽祭オープニングの演奏会が行われます。
ムーティ指揮のケルビーニ管弦楽団との共演で、モーツァルトの協奏曲2曲ですが、演奏順はまず14番、次に20番となりました。また最後の曲目は、ラフマニノフの作品からラヴェルの「ボレロ」に変更となりました。

11月にはスイス、ルガーノでリサイタルが行われることが判りました。曲目は未定です。
(或は、2月にキャンセルとなったので、その時のベートーヴェン・プログラムかもしれませんね。)

スケジュールを追加

  • すみこ
  • 2019/05/23 (Thu) 13:13:46
先日スケジュール表を更新しましたが、その後また新たな日程が判りましたので、追記いたしました。
8月13日、スイス、マルティニーにて、ザルツブルク音楽祭と同じプログラムでリサイタルが行われます。

曲目変更と新しい日程

  • すみこ
  • 2019/04/25 (Thu) 13:34:54
ポリーニの演奏会について、プログラムの変更と新しい日程の発表があったので、スケジュール表を更新しました。(Thank you, Jan!)

5月7日ミラノ、メータ、スカラ・アカデミー管との共演は、シューマンの協奏曲からモーツァルトの協奏曲第23番に変更となりました。

6月11日ウィーンのリサイタルは、ドビュッシー:前奏曲集第1巻から、ブラームス、シューマン、そしてショパンのプログラム(ニューヨークと同じ)に変わりました。

来年3月21・22・23日ウィーンにて、ムーティ、ウィーンフィルとの共演で、モーツァルトのピアノ協奏曲第20番、第14番が演奏されます。
また2020年は、ウィーンでのリサイタルは(今のところ)予定されていません。

風薫る季節、皆さまどうぞ良い休日をお過ごしください。

レコード芸術4月号

  • すみこ
  • 2019/03/20 (Wed) 19:38:53
ポリーニの新譜“CHOPIN”の評が載っています。濱田滋郎氏、那須田務両氏の“推薦”で、「特選盤」となっていました。
特集は“「巨匠芸術」の秘密――70人の超人たち”ですが、ピアニストではポリーニも挙げられています。
「海外楽信」Italyはミラノからで、Corriere della Seraという新聞に載ったインタヴューのことが紹介されています。
ご一読ください。

新規投稿


*誹謗・中傷、悪意ある投稿はおやめください。
*管理者が不適切と思う投稿は削除することがあります。

プレビュー
[管理用]